企業と社員|相続トラブルを迅速に解決するプロ|依頼者の悩みを解決

相続トラブルを迅速に解決するプロ|依頼者の悩みを解決

企業と社員

スーツの人

企業側と一個人の間では、トラブルが起きても公平に話し合うことは難しいのが実情です。個人に味方がいるとは限らないし、保有している資金面でも全く違います。それゆえ、トラブルになっても社員が泣き寝入りしてあきらめるという例も多くありました。中には企業側で弁護士を用意しているケースもありますが、それはごく一部の大企業のみであり、また雇われ弁護士は結局のところは企業の味方です。特に、トラブルの中でも1番深刻なのは不当解雇です。不当解雇となれば職を失い、お金に困窮してしまいます。

そこで社員側ができることは、自分で弁護士を依頼して法的な場で戦うことです。我々の意識の中では、裁判と聞くとマイナスのイメージもありますし、お世話になった企業と争うことに抵抗がある人も多くいるかと思います。しかし、社員側は労働というサービスを提供し、企業側はそれの対価で賃金という形でお金を払っています。どちらが偉いとか上下関係があるわけではありません。仮に上下関係があったとしても、不当解雇のような一方が大幅な不利益を得る処分を理不尽に下すことは、法的にも許されません。労働法は、近年法整備されています。弁護士の中でも労働法関係に強い弁護士と協力して、不当解雇問題など企業との争い全般の解決を目指しましょう。